FM横浜 fun
 高感度携帯ラジオの比較 ソニーおすすめ 


当サイトにおける発注ランキング。
2012/1/1から2016/1/30まで集計による、高感度ラジオ(携帯ラジオ含む)。

1位(→).

SONY FM/AM/ラジオNIKKEIポータブルラジオ ICF-EX5MK2


2位.(→)
SONY FMステレオ/AMポケッタブルラジオ M98 シルバー SRF-M98/S
楽天市場
SRF-M98/S

3位.
SONY FM/AMポータブルラジオ ICF-801 SONY FM/AMポータブルラジオ ICF-801

ソニー 2009-07-21
売り上げランキング : 1225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4位.


SONY ACパワーアダプター AC-D4L

5位.
SONY FM/AM ポケッタブルラジオ R351 ICF-R351 SONY FM/AM ポケッタブルラジオ R351 ICF-R351

ソニー 2010-02-10
売り上げランキング : 11012

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
R353は充電パックと一緒になったセット品で同一)



ラジオは通常AMとFMが聞けるものがほとんどですが、
格安ラジオにはFMしか搭載していないものもあり、
また、高級なものはTV音声が聞けるものもあります。
ここでは基本、AMFM両方聞けるものと、
TV音声を聞ける単機能のものを紹介しております。

高感度ラジオそのまえに
AMのニッポン放送やTBSラジオがFMに登場します。
都会など建物の多い地域では
AM派が通りにくく音質も悪いままでした。

そこでラジオはデジタル化しようとなったのですが、
巨額の投資が払えず業界内で空中分解。
しかし、AM局はFMにするだけでモノラルから
ステレオになる他、更なる投資が最小限で電波が通り
安くできます。
(ノルウェーはFM派を廃止してデジタルに全面移行するそうです)

そのためのラジオ選びとして
FMの90Mhz〜95Mhzも受信できるラジオが
長生きします。


また一般的にノイズや受信感度は電波状況に左右されやすく
それには電化製品やACアダプターでの雑音
摂取などを敬遠する必要があります。
ネットのADSLルーターなども電波を出します。
部屋で一番感度の良い場所を探しましょう。
高感度ラジオは据置型の高感度と
携帯性を重んじたラジオがあります。
右のソニーのものは据え置きで最強。
ACアダプタもノイズの拾いにくいものを
買えば鬼に金棒です。ただ録音ができないなど
高感度ラジオにこだわったラジオだけあります。

携帯性のソニーは巻取り式のイヤホンコードが
アンテナ代わりとなり感度を高めます。
そしてノイズカッターというボタンもあります。

またまたその前に、
ノイズフリーのラジオの聞き方としてFMアンテナ端子に
テレビのF軸ケーブルを使うという手があります。
テレビのアンテナをFMラジオで実現するのですね。
CATVに加入していれば、独自の周波数で
ノイズフリーのラジオが楽しめます。
自分はONKYOのF軸ケーブルがあるコンポと
オリンパスラジオサーバーPJ-10Jでテレビアンテナを
使い、ノイズブリーのラジオ生活をエンジョイしています。
詳しくはここ

それでも雑音が入るという方は、
下記で紹介しているノイズを拾いにくい
ACアダプター(意外に高い)を
使用したり、ラジオの周りで扇風機や他の家電を
使わないようにすることをおすすめします。

電気製品の近くは雑音が入りやすく、また方向を変えて
みることも改善の見込みがあります。
ラジオ局は基地局というのを持っており、
FMヨコハマは横浜ですが、基地局によっては
東に向けるより西に向けたほうが
効果的なこともあります。

FMに限らずですが、夜だと朝鮮のラジオが聞けたりして
電波の状態はいいです。
昼間のいろいろなノイズが夜は発信されていないからですね。
それでも高感度を謳うラジオがあります。

高感度ラジオとは感度のいいラジオですね。
ソニーが有名です。
2つ使ってみました。どちらも感度良好ですが、
高い方がやはり感度が高いです。
横浜からですと、TOKYO-FM,
J-WAVE, INTER-FM,NACK5,NHK-FM東京,BAY-FM
すべて聴けました。
AMの方も問題ありません。
ただ、相対的にソニーの技術力が下がる中で
Panasonicが良い製品を出しているので巻末で
それをお伝えします。

世界で始めてトランジスタ・ラジオを作ったのが
ソニーです。PC部門を売ってもラジオは健在です。

巻末にAMとFMの違いの能書きを書きました。

Amazon高感度ラジオ1位は、

SONY FM/AM/ラジオNIKKEIポータブルラジオ ICF-EX5MK2

こちらは↑ソニーのカタログで唯一、高感度を謳っているラジオです。

神奈川から聞くと千葉や埼玉まで聞けました。
またAMの感度も良く、広い範囲で聞きたい方には
択一でおすすめです。

こちらは、ACアダプタなのですが、上記の唯一の高感度ラジオを買うと
これも欲しくなります。

SONY ACパワーアダプター AC-D4L

昨今の家電の多さでACアダプタがノイズの影響を受けやすく、
しかしこのACアダプタはソニー製のトランス式。機械に詳しい人に
トランス式のACアダプターのラジオ利用について
聞いてみてください。
つまり筐体は大きいのですが、ノイズの影響を受けにくくなる
ということです。
あなたのお持ちのソニーラジオも雑音が入りにくくなります。
ラジオは高感度なのに、ノイズが入る方は、ぜひ試してみてください。

アンテナはこれがおすすめ。

SONY LW/MW/SWワイドレンジアンテナ AN-12

SONY FMステレオ/AMポケッタブルラジオ M98 シルバー SRF-M98/S

楽天市場

上のSRF-M98/S、外見は確かにちゃちいですが、感度は良好です。
ポケットサイズ。単4電池。デジタル表示なので
周波数を覚えていない人も大丈夫。(FMワイド放送・ニッポン放送などに対応)
わたしは眠れないときの枕元に置いたり、電車の中で聞いたり
(普通のコンパクトラジオは電車で雑音だらけですが、これは
非常に感度が良く、小さく、
TV音声も聞くことも出来ます(地デジによりできなくなりました)。
選曲は右上にあるジョグダイヤル!で!気持ちいいです。
これらをソニーカタログではライターサイズラジオというらしいですが、
SRF-S86というジョグダイヤルを省いた廉価(4700円程度)も
あります。
タイマーを内蔵しており、どんな時も1時間で切れます。
通勤のためにHoldボタンもあります。
スリープボタンはありません。勝手に1時間で切れます。
電源ボタンは大きく操作しやすいです。

テレビ音声にこだわりがある方は、購入の際、必ず
ワンセグでテレビ音声が聞けるか確認して下さい。
従来の地上アナログだとそのまま聞けたんです。
音楽番組を音声だけで聞いたり、
ニュースをまたそれで聞くと今までとは
違った趣があります。

SONY FM/AM ポケッタブルラジオ R351 ICF-R351 SONY FM/AM ポケッタブルラジオ R351 ICF-R351

ソニー 2010-02-10
売り上げランキング : 11012

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
可
アマゾンでいちばん↑の売れ筋
ジョグダイヤルが付いているほか、スティックタイプに比べ、
イヤホンコードを巻いて本体に収納できます。イヤホンは
一本でアンテナになります。ジョグダイヤルは上や下を押す
ことにより選曲、ボタンを押して決定です。
ボタンを押せば縮んで、本体に入ってくれる
コードがゴチャゴチャにならず便利!!
しかもラジオ局を登録しておけるので、そのプリセットボタンを
押すだけで、一発選局!!ホールドボタン(ポケットなどに入れ
ても誤操作が起きないようにすべてのボタンを無効にする
機能です)もあるし
特性の革カバーも付いています。高級感たっぷり。
便利すぎ!! 同製品↑を楽天市場でポイントで買う。購入してもポイント還元
2〜5〜10倍!

○アマゾンでこんなレビューがありました。
○R351は某ラジオ局で社員に大量に購入・・・・・
○プロにもソニーのラジオは支持されているのですね。


ちなみにラジオの感度は買い換えれば良くなるのかというと
そういうことはなく、絶えず場所や向きを替えて、昼夜の感度も
確認して下さい。
2〜3日放っておいたら良くなったというのは、
近所で工事があった影響かもしれません。
壊れたら雑音ではなく音そのものが聞こえません。


廉価2500円程度でAM/FMが聞け、右の同期という赤いボタンが
受信すると光ります。
前のとは違って自分で周波数を覚えていてチューニングする方
に特にじゃなく普通におすすめできる1台です。
液晶を使わないため、バッテリー持ちが良い他、簡易ながらスピーカーを
備えています。
スマホが近くにある場合は雑音が入りやすく、やはりソニー製をおすすめします。イヤホンも上記のソニーは耳2つなのに対し1つです。FMでも片方しか(イヤホンのため)聞けないということになります。
数字でチューニングしたい場合は、デジタル表示のラジオを、
放送局しかわからない場合は下記を使って下さい。



同じタイプのSONY ICF-9です。
同期に赤印が点くとチューニングが合っている証拠です。
Panasonicは音量と電源が一緒になっていたのですが、
SONYは別に容易。左にボリュームが有り
右にFM/AM/OFFのスイッチがあります。
チューニングは上でします。ダイヤル式です。
Panasonicとの違いはなんといっても感度
まったく違います。
またAMとFMを一緒のバーで操作するため
ただでさえ混んだ周波数なのに選ぶのが大変です。
76.5MHzと76.MHz、79.5MHzと80.0Mhzを素人が
聞き分けられる可能性が低いです。
耳だけで判断するので、自信がない方は
デジタル方式のラジオがいいと思います。
液晶を使うため電池の切れが速いように思うかもしれませんが、
そこはうまく消費電力の低い液晶を使っています。
その分、見にくいのもありますが。
実際に聴き比べてみてSONYと他社がこんなに
違うとは驚きでした。
また、自分の使っているオリンパスラジオレコーダーPJ-10Jの
後継機種であるPJ-20Jの感度が良いと評判です。
こちらも名刺サイズですので非常に重宝するとともに、
レコーダーでありながらmicroSDカードを備えていたり、
携帯することもできます。SDカードはMP3で録音するのでそのまま
PCやスマホに転送できます。
また、スピーカーが付いたPJ-25Jも同じように感度が良く、
外出時はポケットラジオ、自宅ではレコーダー兼再生媒体として
大活躍です。
一度店頭などで見ることをおすすめします。

SONY FM/AMポータブルラジオ ICF-801 SONY FM/AMポータブルラジオ ICF-801

ソニー 2009-07-21
売り上げランキング : 1225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
可
↑ラジオとして文句のつけようがないと評する
レビューに105人中99人がそう思うと答えています。
海外のラジオを聞くヘビーリスナーに人気。
このページでもこれをご購入いただく方が多いです。

同製品↑を楽天市場でポイントで買う。購入してもポイント還元
2〜5〜10倍!
プリセットできるので、最初に
周波数を登録しておけば、ボタンを押すだけで
選曲できます。便利です。
マニアは、周波数とか全部覚えていますけど。ぼくとか。
これはあまりプリセットのボタンが付いていませんが、マイクケーブルを
巻きとって、プリセットが7個以上登録できるタイプがあります↓。
非常に魅力です。周波数を覚えていない
ご家族にどうでしょう?

また海外ラジオを聞いてみたかったり、ラジオNIKKI競馬などの
短波はこちらをおすすめ。

短波/AM/FMラジオ★高感度受信★海外放送・競馬・株式受信に最適PL310(本体色:シルバー)【日本語操作マニュアル】
(輸入で人気商品のため度々品切れになります。適時リンク修正しています)

大陸産なので心配でしたが、すさまじいコストパフォマンスです。
あちらではラジオの開発がまだ熱気を帯びているんでしょうね。
残念だけど優秀です。
最新DSP処理チューナー付き。


SONY TV(1ch-12ch)/FM/AMラジオ ICF-A100V-N
SONY FM/AM ICF-A101/N


楽天市場 ポイント!SONY FM/AM ICF-A101/N

据置型で、周波数がわからない人向け。感度は良いですが、雑音の影響を受け易いです。
このタイプは大きくて使いやすいためか、祖母が1台、
母親(50代)が2台使っています。
地域別のカードを差し込むと自動的に、ニッポン放送とか
FMヨコハマとか大きく表示されて 使いやすいんだそうです。

その他、コンパクトなソニーラジオ。
こちらからは、巻き取り式や
ラジオ日経など短波ラジオも。
ソニーの分類では「名刺サイズラジオ」ということになります。
プリセットで一発選曲や、イヤホン巻き取り式、一番上のおすすめしたのは
ライターサイズラジオというらしいです。
ジョグダイヤルが気持ちいいんです。

[プチ情報]
[地デジの"弊害"がラジオにも]
地デジ化で、ラジオでTV音声が聞こえていたのが、
聞けなくなる?!
リンク切れだったのでリンクを外しました。
要するに、テレビアナログ停波で
ラジオでTV音声が聞けたのが聞けなくなるということです。
現在、どうやってTV音声を聞くかというとワンセグを利用します。
ラジオでワンセグと出たらTVが聞けるものです。若干値が上がります。超便利です。
また、ラジオはデジタルになってもアナログは消えません。
今回の東日本大震災でもラジオは大活躍をしました。

その他、登山ラジオ(ICF-R100MT・山の名前から選曲できます!それに
ジャケットケースも別売りで)や野外作業中ラジオ(ICR-S71)
先ほど言った名刺サイズラジオ
ラジオNIKKEIは、株や競馬をやる人に!(R931 ICF-RN931 など)→株・競馬

また、海外で聞く、ワールドバンドレシーバー
ソニーは揃えています。
日本の放送が海外で聞けます!
(ICF-SW07 , ICF-SW7600GR, ICF-SW35
ICF-SW23, ICF-SW11)AMラジオは、AMステレオというのができてわたしも高校生のとき
期待していましたが、対応するコンポやラジカセが普及しませんでした。
皮肉なことにネットラジオRadiko.jpがステレオということで
これがいちばん鮮明に聞く方法ですが、
自分の経験によると、ビクターやケンウッドのラジカセより
オンキヨーのFRシリーズの方がAMの感度が
抜群に上がりました。
アンテナはラジカセもFRシリーズも同じループアンテナを
使っているのですが、オンキヨーなどの方が、
アンプなどでAM受信を強化しているのかもしれません。

追加:
AMは基本トークを聞くもので、音質は普通。一方、
FMは音楽を聞くように作られたので音質が良いです。
その音質の良さを活かすための高感度ラジオです。
AMももちろん拾える大きさが違ってきます。
AMとFMは電波が元々違うものでできていて、
FMの方が高層ビルや障害物を避けて通るように出来ています。

また、ワールドレシーバーというのがあります。
海外のラジオを聞くのです。
主に日本が眠っている時間に韓国や
ロシアの放送を聞きます。
NHKは海外在住の日本人向けに放送を
行っており、これもワールドレシーバーで聞くことが出来ます。
また、ワールドレシーバーは海外旅行の時
現地のラジオを聞くことが出来ます。

---
FMアンテナを建てるという方法もあります。
FMアンテナ端子に挿して、テレビ放送のようにやや小柄な
FMアンテナを自分の聞きたいFM局へ向けて
建てます。
また、テレビ端子をFMアンテナ端子に繋げてしまって
感度を上げる方法もあります。
わたしはこの方法で、雑音なしで聞いています。
ただ、うちはCATVの回線を使っています。

周波数の表示はやはりデジタルが分かりやすいです。
ニッポン放送もFM派に参入するので、デジタルが良いでしょう。
紹介したラベルを挿れるタイプの物は、ラベルさえSONYで更新
してもらえば使えます。

このようにある程度大きさのある高感度専用ラジオ+ACアダプタ。
そして携帯型のラジオ、名刺サイズを含むが妥当です。
ワールドレシーバーとは海外のラジオも聞けるそのための高感度ラジオ。
ラジオレコーダーやTV音声の聞けるラジオはどちらかというと
便利さを優先した機種で感度も満足できるものです。
TV音声はテレビがアナログの頃は聞けたのですが、デジタルに
なって、ワンセグで受信するようになりました。
今までのラジオ特にソニー製で聞けたのですが、
買い替えなくてはならなくなりました。
実は、テレビを音声だけで聞くという人は多く、
野球を見ながらニッポン放送を聞くとか、
テレビの音声だけを流しておいて
何がそんなに楽しいのかと思われるかもしれませんが、
また変わった趣があって、それはそれで乙なものです。
タモリさんが、ミュージックステーションでしゃべってるのを
ラジオで聞くとか、徹子の部屋を音声だけとか
何だかふしぎな気持ちになるんですよ。

こちらのリンクがAmazonで「高感度ラジオ
を検索した結果です。
感度が良く携帯できるラジオは自然災害の多い中ぜひ
常備しておいて欲しいです。勤務先で災害にあった時、
帰宅難民となるのも防げると思います。
放送は、通信と違って、混雑するということがありません。

では、
自分のライフスタイルに応じて素敵なラジオライフをお楽しみください。


実際に使ってみた感想です。



SONYの高感度ラジオ
特集です。始めてトランジスタラジオを作ったのがSONY様。


Panasonicなどありますが、高感度ラジオならSONY択一です。


コードを巻いて本体に収納できるタイプはNo.1の人気です。不動です。

そのSONYでもカタログで「高感度ラジオ」を謳っているのは


SONY FM/AM/ラジオNIKKEIポータブルラジオ ICF-EX5MK2
のみです。











Copyright (C) 2008-2016 TANKA All Rights Reserved.